天文館焼きドーナッツ

焼どうなつ


たまにふと薩摩蒸気屋のかすたどんが無性に食べたくなるときがあります。
かすたどんといえば、綺麗なクリーム色のふわッふわの生地にカスタードの詰まった
鹿児島定番のお土産菓子。

県外に住んでいた頃は、鹿児島に帰郷した帰りのお土産として職場によく持って行ってましたね。
県外の人は大体喜んでくれました。甘いもの好きにはもう間違いないくらい感激されちゃう。

そんな名菓『かすたどん』を出しているお菓子屋さん、
『薩摩蒸気屋』が出している天文館の店舗『菓々子横丁』。

約50メートルの長さに70年前の木造家屋と新しい木材が融合した横丁には
洋菓子から和菓子、さらに癒しの滝や民芸品まで。
お昼にはランチもやってたりと、まぁとりあえすよってけ横丁!的なスポット。

そんな横丁の天文館焼どうなつに最近ハマっております。

その場で焼いてるから、甘い香り漂うわけで、
会社に近いのでよく前を通るのですが、
まぁ匂いに釣られて1個買っちゃうわけで、
1個だけなら76円と100円出しておつりがきちゃうわけで、
そんなわけでわけで、

今日は黒豚さんと天文館焼どうなつ。

天文館焼きドーナッツ

■1日1枚
(天文館焼きドーナッツ)

ドーナツドーナツ言ってると、川本真琴の『ドーナッツのリング』をふと思い出しました。
小学生の頃に買ったCD『1/2』のカップリング曲。
『1/2』といえばアニメ「るろうに剣心」のオープニング主題歌で毎日ひたすら聞いてた記憶が!

う〜ん懐かしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です