かごしま弁フェスティバル

明日は鹿児島「方言週間」フェスティバル

明日明後日(11月9・10日)は鹿児島方言の楽しさや
奥深さを体験できるおまつり
「鹿児島「方言週間」フェスティバル」

今日はかごしま県民交流センターへ設営に行ってきました。

方言週間フェスティバルの詳細はこちら

会場は今年も「かごしま県民交流センター」です!
(鹿児島市山下町14番50号)

かごしま方言週間フェスティバル
会場はかごしま県民交流センター
のぼり
のぼり旗も設置完了


かごしま県民交流センター1Fが主な会場です。
ちなみに6Fでは「脱出ゲーム・謎解き大会」もあります!

1F会場では各ブースをみんなで設営

僕は「鹿児島弁商店」として出店します。

「鹿児島弁商店」とは、、
鹿児島弁検定協会会長である種子田さんと
イラストレーターの僕(jorijokoppy)と
種子田さん(種子田さんは和紙作家でもあります)の弟子いよりちゃんの
3人でつくる鹿児島弁グッズの商店です。


商店と言ってもこういったイベントの時に
出店するだけで実店舗はありません。

かごしま県民交流センター台車
今年もかごしま県民交流センターの台車をお借りします
かごしま県民交流センター台車
かごしま弁商店完成!

商品ラインナップはこちら!

Tシャツ ¥2,300
エコバッグ ¥1,500 検定協会バッグは ¥800
マグカップ ¥1,300
ペンケース ¥1,000
てぬぐい ¥400
クリアファイル ¥200
ポストカード1枚 ¥100
ポストカード16枚セット ¥1,000

明日明後日のかごしま弁商店ブースには僕一人で
店番していますので是非お気軽に遊びにきてくださいね〜。

いよりちゃんの和紙作品コーナー
いよりちゃんの和紙作品コーナー

今回いよりちゃんはかごしま弁での和紙作品コーナーを担当。

かごしま弁イラストコンテストの作品
かごしま弁イラストコンテストの作品

こちらは先月10月末まで募集していた
「かごしま弁マンガ・イラストコンテスト」の
応募作品展示既コーナー。

かごしま弁ツリー
かごしま弁ツリー

かごしま弁ツリー
単語カード裏には表の言葉(方言)の意味が書いています。

かごしま弁迷路
かごしま弁迷路

そして今年はなんと迷路が!これは子供たちが喜びそう!

かごしま弁迷路
かごしま弁迷路

全て手作りです!本当すごいです!!

本日の南日本新聞の挿絵にはこの迷路のイラストを
描かせていただきました。

南日本新聞挿絵
南日本新聞「かごしま弁クイズ」

その他にもたくさんのかごしま弁に関する
展示ブースや、パフォーマンスがあります!

まさに鹿児島弁フェスティバル!
是非ともお気軽にお越しください!

ちなみに今回のフェスティバルように描いた
新作イラストも会場のどこかにありますよ〜!

桜島
そして今日もドカ灰
鹿児島弁フェスティバル
鹿児島弁フェスティバル

2人展を観に行こう

11月5日の一コマ「2人展「Hello AMAMI」を観に行こう」

昨日は鹿児島を代表するイラストレーター
竹添星児さんと尚味さんの2人展
「HELLO AMAMI」を観に行きました。

レトロフト
レトロフト階段

会場であるレトロフトMuseo(鹿児島市名山町2-1 2F)へ

Hello AMAMI
世界自然遺産登録を目指す奄美大島/徳之島で暮らす
2人のイラストレーターが島で出会った自然や人の営みを描く作品展。

https://note.mu/seijitakezoe/n/neca058621cb8
HelloAMAMI会場

2人展の一人「竹添星児」さんは
現在徳之島に在住のイラストレーター。

SEIJI TAKEZOE

「kagoshima illustrators file」の主催者でもあり、
その際は僕も大変お世話になりました。

SEIJI TAKEZOEさん

竹添さんといえば、ほんわかとした優しいタッチの世界観。
デジタルだけどアナログのような手描き感。

そんな竹添さんが描く「島」の作品。
ちょっとユーモラスで可愛くもありミステリアスな動物達。
原始的な世界と近代的文明のコントラストを
竹添さんらしく描かれていました。

いつまでも見ていたくなる魅力的な作品ばかりです。
さすが竹添さんです!

竹添さん作品
竹添さん作品

続きまして、もう一人のイラストレーター
奄美大島在住の尚味さん!

フリーランスイラストレーター尚味

尚味さん
ケンムンの顔パネルで撮ってくれました。

尚美さんとは今年2月に開催された
「kagoshima illustrators file 10周年記念イベント」
で初めてお会いしたので今回で2回目です。

奄美の妖怪ケンムンがユーモラスに描かれた作品達!
衝撃!カワイイ+こわい?ぶさい?
そして赤い!

めっちゃ好きです!この独特の世界観。

タコとプロレスしてる作品たまらないですね!
しれっと足ちぎってるし、
そしてそのなんともいえない表情!

「なんでやねん」
「なんやねんその顔!」
とツッコミたくなるイラスト、めっちゃ好きです。

大阪に住んでいた頃を思い出して
思わずツッコミそうになりました。

尚味さん作品
尚味さん作品

その他グッズも色々。
奄美にてご夫婦でアウトドアショップ
https://gunacrib.amamin.jp/」もやってるみたいです。
奄美大島に行った際は是非〜

ケンムン

鹿児島を代表するイラストレーターお二人の
今回の2人展、、
とても刺激になりました。

僕ももっと描かねば!
ではでは!


11月1日の一コマ

11月1日の一コマ「焼酎ストリートに行ってみた」

11月1日は「本格焼酎」の日であるということで
3日間鹿児島の天文館で開催されるイベント
「焼酎ストリート」に今年も行ってきました。

先ずはチケットを入手する為に販売所へ!
なんと500円で5杯も飲めます!


3日間あるイベントの初日は19時に会場全員で
「いっせい乾杯」をするみたいで
ステージのあるかぎん前は人だらけ!

人!人!!人〜〜!!!
天文館でこんなにも前に進めないくらいに
人がいるのは久しぶりな気がしました。
(天文館民としてはとても嬉しい!)

すごいです!
去年よりも断然多い気がする。

これが、
「W遠藤」効果なのか!!
(ココリコ遠藤さん&元日本代表 遠藤さん(ヤットさん兄)

とりあえず一杯目を探しに会場をウロウロ。

114もの蔵元があると流石に迷いますね。

せっかくなので飲んだ事ないのが良いなと思い
今回は「龍門滝」をチョイス!

「龍門滝」
ニッカウヰスキー(株)さつま司蒸溜蔵

ふくよかな香りとまろやかですっきりとした味わい。蔵の近くを流れる「日本の滝百選」で知られる滝の名にちなんで名づけられませした。

焼酎ストリート2019

水割りでいただきました。
確かにスッキリしていて飲みやすい!美味しかったです。
久々の焼酎さいこーっす。

次はと2杯目を求めて
またブ〜ラブラしていたら金色のブースが!

チケットと一緒に「ウコンの力 100円割引券」もついていましたので
ここぞというばかりに一本購入。

そしたらまた「ウコンの力100円割引券」いただきました!
ありがたやです。また明日きます!笑

2杯目はどれにしようかなと目に留まったハイカラさんの文字…

ハイカラさん!!「キミに決めた!」

2杯目は「ハイカラさんの焼酎 安納芋」をいただきました。

「ハイカラさんの焼酎 安納芋」
岩川醸造
原料の「安納芋」は別名「蜜芋」と言われる非常に甘いさつまいもで、主にお菓子や焼き芋などに使用されることが多い高級品種であります。創業明治3年以来、培ってきた経験を生かし試行錯誤の上で、ようやく製品化する事が出来ました。原料の持つふくよかな甘みが存分に引き出され、重厚な味わいの中にもしっかりと焼酎本来の優しくまろやかな香りを堪能出来ます。商品名は昭和60年4月販売から令和と愛され続ける「ハイカラさんの焼酎」を継承致しました。

焼酎ストリート2019

おすすめのロックでいただきました。
まろやかでとても美味しかったです。

あとからパンフレットを見て気づきましたが、
こちらの焼酎、なんと昭和60年4月販売!!
僕と全く同じ!偶然とった焼酎が、、
同じ年、同じ月に誕生した焼酎だったなんて。

奇跡的な出会いに乾杯!

ちなみですがANZEN漫才のみやぞんさんも誕生日一緒です。
僕とは生年月日が全く一緒。
いつかお会いしてみたいです。

締めはやっぱり
ラーメンという事で、
よしみ屋さんへ。
(鹿児島県鹿児島市東千石町3−1)

店内にはサインがいっぱい。
そう!なぜならば、よしみ屋さんのラーメンめっちゃ美味しいんです!

あっさり系でありながらもちゃんとコクがあり、
チャーシューの塩っ気がアクセントで堪らない!
絶品です!!

ラーメン700円!チャーハン小400円!
最高でした。ごちそう様です。

焼酎飲んで、ラーメン食べて、、
幸せって、こういうことなんだな(しみじみ)

よか晩でした。
焼酎ストリートは11月3日までやってます。
是非!